2547 おすすめ PPLS DLC 加工 フラットエンドミル 3枚刃 先端直径6mm アルミ用 HRC55度 超硬刃 HRC55度,979円,先端直径6mm,2547,フラットエンドミル,DLC,アルミ用,way2coffee.in,産業・研究開発用品 , 切削工具 , フライス,3枚刃,/Lamba368057.html,加工,超硬刃,PPLS HRC55度,979円,先端直径6mm,2547,フラットエンドミル,DLC,アルミ用,way2coffee.in,産業・研究開発用品 , 切削工具 , フライス,3枚刃,/Lamba368057.html,加工,超硬刃,PPLS 2547 おすすめ PPLS DLC 加工 フラットエンドミル 3枚刃 先端直径6mm アルミ用 HRC55度 超硬刃 979円 2547 PPLS DLC 加工 フラットエンドミル アルミ用 超硬刃 HRC55度 3枚刃 先端直径6mm 産業・研究開発用品 切削工具 フライス 979円 2547 PPLS DLC 加工 フラットエンドミル アルミ用 超硬刃 HRC55度 3枚刃 先端直径6mm 産業・研究開発用品 切削工具 フライス

2547 おすすめ PPLS DLC 加工 フラットエンドミル 3枚刃 先端直径6mm 国内送料無料 アルミ用 HRC55度 超硬刃

2547 PPLS DLC 加工 フラットエンドミル アルミ用 超硬刃 HRC55度 3枚刃 先端直径6mm

979円

2547 PPLS DLC 加工 フラットエンドミル アルミ用 超硬刃 HRC55度 3枚刃 先端直径6mm

商品の説明

サイズ:先端直径6mm

アルミ切削用のDLC加工フラットエンドミル、超鋼刃 硬度:HRC55度 3枚刃 先端直径6mmタイプ です。
ラベルに書かれた各サイズの意味は、4枚目の写真をご覧ください。
DLC加工は国内メーカーにて行っております。

DLC(ダイヤモンドライクカーボン)コーティングは、ダイヤモンドに似た性質を持つ炭素膜で、ダイヤモンドとグラファイトの両方を持つアモルファス(非結晶)構造のコーティングです。
膜表面が滑らかで、5枚目の表に示されるように摩擦係数が加工なしのエンドミルに比べて約7分の1と大幅に減少し(μ=0.1)、
自己潤滑性があるため、潤滑油を使用しなくてもアルミ等の軟質金属の成形時に金型への溶着を防ぎ、金型鏡面部を保護します。
潤滑油を使用するとさらに効果は高まります。
しかし、炭素皮膜ですので、鉄系材料を切削加工するとそれに含まれる炭素と親和性が極めて高く鉄系材料の加工には不向きです。
非鉄系金属材料、特にアルミ合金等の加工に最適です。

■ご注意ください■
ボールエンドミルの先端はR(半径)表記
フラットエンドミルの先端はD(直径)表記

※硬度が上がると、硬い材質を削れるようになりますが脆さが増して扱いにくくなりますので、まずは硬度が低いものからお試しください。

◆エンドミルの速度について◆
切削する材質によって回転数と送り速度は適切な値にする必要があります。
業務用の機械では送り速度の推奨値がF200程度であっても、価格が10~20万程のホビー機械では送り速度が速いと破損や失敗につながることがあるので、F20~50程度にゆっくりとした速度にする必要があります。
不慣れな方は、回転数2000回転・送り速度F30位から切削を試してください。

回転数はエンドミル先端の直径によって変わってきます。
効率よく切削を行いたい場合は、エンドミルの基本書に各材質に対する回転数や送り速度の推奨値など、設定の考え方が細かくまとめられていますので、そちらでお調べください。

この商品は、ペパレス製作所正規品です。輸入品をベースに一部加工を施し、全品検品後選別、PL保険・製品保証・JANコードを付与し販売しています。
現実的な範囲で加工選別を行っている関係上、一般的な輸入直販品よりは高品質ですが、外箱の小破損や本体の小傷がある場合もございます。
商品のデザイン、仕様、外観、価格は予告なく変更する場合がありますのでご了承ください。

2547 PPLS DLC 加工 フラットエンドミル アルミ用 超硬刃 HRC55度 3枚刃 先端直径6mm

新しい技術

  • AMDとインテル:プロセッサーはウイルスと戦う?

    AMDは最近、Athlon 64プロセッサには現在のシステムでまだ悪用されていない機能があると報告しています。 「実行保護」と呼ばれるこの技術は、Athlon 64プロセッサを搭載したPCを、「バッファオーバーフロー」技術を使って攻撃を仕掛けるウイルス/ワーム攻撃から保護する必要があります。 このテクニックは、昨年、大きな打撃を受けたウイルス/ SoBigとBlasterによって使用されていました。 AMDは、マイクロソフトによってリリースされたパッチの50%近くが、一部のプログラムがPCの特定の「ゾーン」への書き込みアクセスを完全に阻止する「実行保護」テクノロジでは必要とされないと述べている。 Intellaは、次のプロセッサであるPrescott(2月にリリース予定)と同様の保護技術を提供すると述べた。 ただし、これらの保護を利用するには、2004年春夏期に計画されているWindows XP用MicrosoftのServicePack2の到着を待つ必要があります。 これらの技術を統合すれば、自発的に「バッファオーバーフロー」を引き起こすプログラムの円滑な実行が妨げられる可能性があります。

    続きを読みます »
  • AMDとインテル:プロセッサーはウイルスと戦う?

    AMDは最近、Athlon 64プロセッサには現在のシステムでまだ悪用されていない機能があると報告しています。 「実行保護」と呼ばれるこの技術は、Athlon 64プロセッサを搭載したPCを、「バッファオーバーフロー」技術を使って攻撃を仕掛けるウイルス/ワーム攻撃から保護する必要があります。 このテクニックは、昨年、大きな打撃を受けたウイルス/ SoBigとBlasterによって使用されていました。 AMDは、マイクロソフトによってリリースされたパッチの50%近くが、一部のプログラムがPCの特定の「ゾーン」への書き込みアクセスを完全に阻止する「実行保護」テクノロジでは必要とされないと述べている。 Intellaは、次のプロセッサであるPrescott(2月にリリース予定)と同様の保護技術を提供すると述べた。 ただし、これらの保護を利用するには、2004年春夏期に計画されているWindows XP用MicrosoftのServicePack2の到着を待つ必要があります。 これらの技術を統合すれば、自発的に「バッファオーバーフロー」を引き起こすプログラムの円滑な実行が妨げられる可能性があります。

    続きを読みます »